• 初診Web予約はこちらから
  • 目立たない矯正歯科
  • 衛生士・スタッフ募集
  • 院長ブログ
  • Facebook Twitter Youtube

矯正治療について

矯正装置について

矯正装置には様々なものがあり、患者さんの症状に最適なものを選んで治療に使います。
ここでは、それらの装置の中で代表的なものを紹介します。

マルチブラケット装置

矯正治療で最もよく使う装置です。
歯に直接つける装置ですので、原則的につけたままになります。 全体的につける場合と、部分的につける場合があります。詳しい情報は右図(クリックで拡大図が見られます)。

インビザライン・システム

インビザライン・システムは、透明で取り外し可能なマウスピース型の装置(アライナー)を使った矯正治療です。目立たず、手軽に取り外しができることが最大の利点の装置です。欠点は、治療可能な症状はマルチブラケット装置よりも限られることや、取り外しが可能なため患者さんがしっかり使わないと治療がうまく治らないなどの欠点もある装置です。
インビザラインの詳細はこちら

リンガルアーチ

歯の裏側を通る針金と奥歯の金属製のバンドで構成された装置で、取り外しは原則的に不可能です。 部分的な歯の移動をおこなったり、永久歯がはえてくる場所を確保したり、動かした歯の後戻りを防いだりする目的で使います。
目的にあわせて、細い針金を追加したりします。

拡大床

アゴを広くするための装置で、取り外し可能な装置です。中央に位置するネジを定期的に回すことで、アゴを広げていきます。

バイオネーター

出っ歯を治すのに適した装置で、取り外しが可能です。 アゴを広くすることも可能です。 主に成長発育期の患者さまに使います。

マウスピース型矯正装置

取り外し式のマウスピース型の装置です。主に自宅で使って頂きます。反対咬合の治療などに適しており、顎を広くする効果もあります。

保定装置(リテーナー)

矯正治療で歯を動かし終わった後で、後戻り防止のために使う装置です。他にも様々なタイプの保定装置があり、患者さまに最適なものを使用していただきます。

ページトップへ