• 無料メール相談はこちらから
  • メディア取材実績
  • 衛生士・スタッフ募集
  • 院長ブログ
  • 携帯サイトはこちら

院長・スタッフ紹介

院長紹介

院長略歴

日本矯正歯科学会認定医 ありしま矯正歯科 院長 有島 常雄

1965年/木更津市生まれ
1981年/千葉県立 木更津高校 入学
1985年/昭和大学 歯学部 入学
1991年/昭和大学 歯学部 歯科矯正学教室 入局
1998年/昭和大学 歯学部 歯科矯正学教室 退局
木更津市にて 『ありしま矯正歯科』を開設
2010年/医院新築移転

日本矯正歯科学会 認定医
日本口蓋裂学会 会員
日本ヘルスケア歯科研究会 会員

日本で最も権威のある矯正歯科医の団体である日本矯正歯科学会では、矯正治療に関する技術や経験が一定の水準を満たした歯科医師に対して、厳正な審査の上で認定医の資格を与えています。

あいさつ

私が学生時代に歯科を学んでいくなかで強く意識するようになったことは、『歯ならびが歯科の分野の様々な問題に深くかかわっている』ということでした。

そして、その当時の私の目標は、全ての歯科治療に万能な歯科医になることでありましたので、卒業後はまず歯ならびを治す技術も身につけようと、矯正歯科を学ぶことを決断したのです。

大学病院で矯正歯科の勉強を始めた私は、矯正治療のすばらしさに魅了され徐々に引きこまれていくこととなりました。当初2年で矯正の勉強を終えるつもりでしたが、結局7年間大学で勉強させていただき、そして最終的には矯正治療だけを自分の専門分野として仕事をしていく道を選ぶことになっていったのです。

現在の私は、学生当時の目標とは少々ちがう存在になっております。しかし『歯ならびが歯科の分野の様々な問題に深くかかわっている』という考えは今も変わることがありません。そして自分の愛する矯正治療を皆さまに提供していけることに日々幸せを感じております。

また私は、以上の様な経歴ゆえに、むし歯の治療などは専門ではありませんが、歯の健康維持のためのむし歯の予防などはしっかりとしたものを皆さまに提供していきたいと思っております。 そして私の得意とする矯正治療も、できるだけ良質なものを地域の人達に提供できるよう努めていきたいと考えています。

所属学会、講習会の受講歴・その他活動履歴

● DAMON SYSTEM 関係の講習会等の受講歴

2005年1月 Damon course:Dr. Damon
2006年2月 Damon course: Dr. Dischinger
2006年4月 Dmon course: Dr. Hoshino

● 矯正用インプラント関連の講習会等の受講歴

2005年6月 I.S.A. System Seminar, Diagnosis and Practice:Dr.本吉 満
2005年10月 Basic Course of Implant Orthodontic Treatment:Dr.George Anka
2006年3月 矯正ミニインプラントセミナー :Dr.Cheol-Ho Paik
2008年6月 矯正用インプラントセミナーの講師として講演予定

● インビザライン関係

2006年11月 インビザライン認定医コース(日本)

● その他 講習会等

2001年3月 CAD Technique : Basic Course
2001年11月 CAD Technique : Advance Course
2000~2003年 MBT Orthodontic Clinical Seminor:Dr. Richard McLaughlin 他
2000年 Functional orthodontics with the Bimler appliance:Dr. Hans Bimler 他
2000年 Oral Myofunctional Therapy Seminor:Advance Course:Dr.Zickefoose 他
1999年 Oral Myofunctional Therapy Seminor:Basic Course:Dr.Zickefoose 他
その他

● セミナー講習会等の講師歴

2007年12月「スタッフとのコミュニケーションについて」:木更津
・歯科医、歯科技工士、歯科スタッフ向け講習 »ブログの関連記事

2008年6月 矯正用インプラント(TAD)セミナー:渋谷
・矯正歯科医向け講習 »ブログの関連記事

所属学会、講習会の受講歴・その他活動履歴

● 幼少の頃

私は木更津市街地の海に近い場所で生まれ育ちました。 幼少の頃は近くの海が遊び場でした。その頃の木更津の海は、今とはだいぶ違って かなりきれいで、遠浅の海は潮が引くとずっと遠くまで歩いていけましたし、その潮が引いた干潟には何千匹もの小さい蟹たちがいたり、当時の木更津の海は自然が本当に豊かでした。 親は木更津で商売(卸売業など)を営んでいました。親の職場の事務所は家の隣で、幼少の頃はその事務所で会社の人たちに遊んでもらったりしていました。昔は商売ものんびりしていたと思います。 そんな幼少の頃の私は、かなりわんぱくな いたずら坊主だったようです。 幼稚園の先生にも相当苦労をさせた様で、かなり後になってからも「この子は本当に大変だったのよ!」と言われたものです。 相当に印象深い子供だったのでしょう f(^ー^;

● 小学校の頃

小学校は木更津第一小学校でした。私も30年以上も前は「東京湾の波ゆたに~。」と校歌を歌っていたのです。当時は生徒数も多く、1学年6クラス前後はあったでしょうか。 普通?な小学校生活でしたが、運動は苦手でした。走らせたりするとクラスでビリかビリから2番目で、これは中学卒業まで変わりませんでした。 ドッジボールをやらせてもボールが捕れず投げてもダメで、全く試合の役にたちませんでした。しかし、ボールを捕ったり投げることをやめ、玉をよける事だけに集中し続けた結果、玉をよける能力だけは向上し、僕だけ最後まで残ることがよくありました。しかしボールを全く捕ろうとしないため見方の勝利には何の貢献もせず、試合時間を無駄に延ばすだけの存在でした。

● 中学校の頃

中学校の校歌は覚えていません(笑) 運動は相変わらずダメで、クラブ活動として始めた卓球は1ヶ月程しか続きませんでした。たぶん、ヘタでしたからつまらなかったのだと思います。 比較的勉強はした方だと思います。いろいろ塾にも行っていました。そんな中で得意だったのは理科でした。高校受験では100点でした。その他も受験では 80点以上でしたが、国語が苦手で60点?で、高校受験でひやひやしたのを覚えています。 課外活動はいろいろやっていました。壁新聞や2年の時は教室の後ろの壁一面に、模造紙の富士山の装飾を作ったり、8ミリ映画を製作し監督をしたりと、様々なことをこの頃からしていました。 この頃に木更津高校の木高祭に行き、文化祭の出し物の伝説の自主製作8mm映画「ミッチマン」を観て衝撃を受け、木更津高校に行くことを強く決意しました。 高校生が作った文化祭の出し物の映画が高校受験の動機とはいかがなものかとも思いますが、ともあれ私は木更津高校を真面目に志して入学することとなったのです。

● 高校生活

木更津高校に入ると、まわりは本当に頭が良い人たちばかりでした。
頭の良い集団に入り私は正直かなり戸惑いましたが、運動に関しては私よりもどうにもならない人も結構多く、運動面における自分の劣等感からは少し解放されました。

部活動では硬式テニス部に所属していました。実は木更津高校の硬式テニス部は、私の代から部としての活動が始まったのです。そう言うとテニスが、さも上手かの様に聞こえますが、やはりテニスもヘタでした。 しかしテニス部の同級生には全国大会に出た者もいましたので、部はそれなりに活気があったと思います。

木更津高校の文化祭が受験の動機になっていた私は、当然1年の時から実行文化委員(現 木高祭運営委員会?)に所属し、木高祭の運営にかなり熱心に参加していました。もちろんクラス単位での文化祭の出し物にも相当に力を入れていました。

現在の木高祭の開催は6月ですが、当時の木高祭は10月だったのです。いつからそうなったのかは知りませんが、受験を控えた高校生が10月半ばまで木高祭に熱中しているのは、受験の事を考えれば確かに好ましいことではありませんので当然の措置でしょう。

実行文化委員としてもかなり多忙でしたが、クラスの出し物も1年の時が展示、2年・3年の時はビデオ映画を作りました。その他にもクラスの文化委員と選挙管理委員会を3年間、3年の時は卒業アルバム委員会にも所属していました。当時の規則ではクラスの委員は2つ以上掛け持ち出来なかったと思いますが、担任の先生に頼み込み、なぜか2つ以上の委員をかけもちしていました。そんな状態でしたから、シーズンで多忙な期間はご飯を食べる時間も無く、カロリーメイトを食べている様な状態でした。

文化祭では、クラスで2度ビデオ映画を作りました。昔の家庭用ビデオは今の物とは全く違います。ビデオデッキとビデオカメラが別れており、それぞれがかなり大きかったのです。また当時のカメラはあまり暗いところで撮れませんでしたので、ちょっとでも暗いとライトが必要でした。そのため外でロケなどを行う場合はライトや電源用の機材一式等々、機材がとても多く大きいため、機材をリヤカーに乗せて町中を移動したものです。
当然僕もリヤカーを引いていましたが、リヤカーを引いて町中を移動しているだけでも相当に笑える光景だったと思います。
実に馬鹿なことばかりをしていたものだと思いますが、当時もそうですが、今思い返してみても楽しい経験だったと思います。

高校では文化祭の運営や、様々な出し物の小道具や大道具、巨大な看板やポスター、映画、卒業アルバム等々、実に様々な物の製作やイベントの運営に携わりました。
そして、多くの事を夢中でしていく中で、自分が何かを作っている時に、時間を忘れるほど夢中になれることに気がついたのです。自分が何かを作り上げている時、無心に集中し、その時間が充実した時間になっていることに気がついたのです。

この高校での活動から得た経験と気づきから、私は将来“ものを作ること仕事に関わろう”と決めたのです。そして更に“長く形として残り、かつ機能するものをつくる仕事に関わろう”と考えるようになったのです。

なぜ“長く形として残り、機能するもの”と考えたのか、今となってはあまり覚えていませんが、文化祭で作った物の多くは、2日間の一時的なイベントで使用するもので、ほとんどの物がすぐに廃棄か焼却しなければならず、これに、ある種の虚しさを感じたのかもしれません。また文化祭で作った物の多くは張りぼてで、一時的な機能しか無い物であったことも、しっかりと長く機能するものが作りたくなった動機なのかもしれません。

“長く形として残り機能するものをつくる仕事”を考えた時に、建築家になることも当然考えましたが、建築家は十分な動機を得るには至りませんでした。そして歯学部に入ることに決めたのです。

歯医者さんの仕事は“長く形として残り機能するものをつくる仕事”という条件に入ると考えたことと、仕事の対象としての患者さんとの関わりが直接的で密であることも魅力でした。
良い仕事をすれば、患者さんの喜びをダイレクトに受け取り、そしてその喜びを患者さんと分かち合うことが出来る。そんな仕事のイメージの元に歯医者になることを志して、歯科大学を目指したのです。

また、今となっては笑い話ですが、多少絵も描いていたので美大に行くことも考えたこともありましたが、絵がうまい同級生が他にも何人もいたので、絵で生計を立てるのは難しいと考えあきらめました。

そして私は予定通り。 1年の浪人生活に入ったのです。(笑)

(・・・執筆中)

院長ブログはこちら

ページトップへ